顧客の声ポータル|テキストマイニングならTRUE TELLER

製品ソリューション一覧

  • 資料請求・お問い合わせ
  • セミナ開催中

TRUE TELLER 顧客の声ポータル

見せる情報が、組織の思考を規定する

市場での競争優位を生むためには、顧客の声を利用することはもはや当たり前の時代。
市場ニーズが多様化し、競合他社との差別化を図ることが困難になってきている中、大切な顧客の維持を図るためには、顧客の声に真摯に耳を傾け、ニーズを自社の商品やサービスに組み込むことの重要性はますます高まりつつあります。
例えば、顧客の視点やこだわりにたった商品の提供は、顧客に選ばれ続ける企業への重要なステップであり、その中で、顧客の声を常に意識することが企業には求められているといえます。

顧客の声の「見える化」「見せる化」を実現

TRUE TELLER 顧客の声ポータルは、社内にある様々な定性情報の一元管理、分析、検索、トピックス発見が可能なポータルサイト構築製品です。
TRUE TELLER 顧客の声ポータルを利用すると前日までの声を夜間にTRUE TELLER テキストマイニングにより自動で分析し、次の日の朝には最新の分析結果を社内イントラネット上で共有できるようになります。

顧客の声の「見える化」「見せる化」を実現

TRUE TELLER がもたらす、企業意識の改革

経営層・マネジメント・管理者層での活用

顧客の声を利益創出につなぐ次の一手が見えてきます。
おさえておくべき顧客動向を短時間で素早くキャッチできます。

パソコンを起動し、イントラネット内の「TRUE TELLER 顧客の声ポータル」サイトにアクセス。するとコンタクトセンターやWEBなどから収集された顧客の声が、意思決定に有益な形式で表示されます。売上の推移や問い合わせ件数のグラフ、今週の注目キーワードなどチェックし、気になる箇所があれば、原文(顧客の生の声)や詳細レポートを参照することができます。朝の10分で経営判断をサポートするデータの確認をすることができます。

顧客の声ポータルTOP画面例

情報活用部門・企画部門・研究開発部門・マーケティング部門での活用

顧客の声から施策のヒントとなる「気づき」を得られます。
顧客情報を、各部署が必要とする形で共有化できるようになります。

顧客の声の分析情報を必要な部署に必要な形で、提供できるようになるため、業務の活性化を図ることができます。たとえば商品開発部門では、製品の返品理由や問い合わせ内容の把握をすることで、商品改善事項の洗い出しや、商品開発のポイントを発見することができます。また、マーケティング部門やサービス事業部門では、顧客の要望を集約し、次の打ち手を検討する有益な情報を抽出することができます。

分析結果一覧画面

顧客対応部門・コンタクトセンター・CS推進・調査などの部門での活用

顧客接点を全社化する情報発信部門へ展開できる。
コストセンターから、プロフィットセンターへの変革を実現します。

「TRUE TELLER 顧客の声ポータル」を通じて、最近ホットなトピックスの把握や、代表的な意見の例示といったコミュニケーションを社内に向けて発信できるようになります。
これにより、顧客対応部門の活動が、全社レベルに浸透し、評価も得られるようになります。顧客の声をもとにしたニーズの発見から経営戦略への反映といったCS活動を、全社マーケティングにおける最重要の業務として位置づけることが可能になります。

イベント管理機能